HOMEよくある質問対策について >容易にできる地震対策は?

容易にできる地震対策は?

建物をどんなに丈夫にしても、地震が起きた際に食器棚やタンスが倒れて逃げ道がふさがったり、ケガをしては意味がありません。家具の配置や転倒に気を付けて安全な暮らしを心がけましょう。

背の高い家具の場合

桟が入っている場所があればL字金具で固定できます。桟で固定が見込まれない場合は、突っ張り棒で固定するか、上置き型すき間埋め収納ユニットで固定しましょう。
また、マットを敷いて壁に寄り掛かるようにすると倒れにくくなります。

本棚の場合

辞書や図鑑などの重い本は、下に収納して重心を低くします。
なるべく下の段が軽くならないように収納すると倒れにくくなります。

食器棚等の家具の場合

食器棚等の開き戸の家具は収納物が飛び出る可能性があります。
飛び出ないよう扉に金具等をつけて二次災害を防いでください。

家具の配置

壁を背にした家具は前方に倒れるので、家具の側方にベッドや布団を配置すると安全です。
また、扉付近に家具を設置すると、塞がれて避難できなくなるので注意が必要です。

関連のよくある質問を見る